馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 阪神 函館

【安田記念】充実期インディチャンプ、1年ぶりアーモンドアイと対戦 福永騎手「楽しみ」

インディチャンプに乗る福永が2週連続で大仕事を果たすか
インディチャンプに乗る福永が2週連続で大仕事を果たすか

◆第70回安田記念・G1(6月7日・芝1600メートル、東京競馬場)

 ダービー級の衝撃を、今週も見せつける。コントレイルを無敗の2冠馬に導いた福永は、インディチャンプで安田記念に挑戦。10頭のG1馬がそろう豪華メンバーで、最も意識するのはアーモンドアイだ。昨年に下した芝G1・7勝馬との1年ぶりの対決に「楽しみだね。去年の安田記念のときとはインディチャンプも違う。全然良くなって、完成されている。また、改めてね」と気持ちを高ぶらせた。

 5歳春になって充実期を迎えている。前走の読売マイラーズCは、追う動作をほとんど見せずに完勝。1週前は栗東・坂路を51秒7―13秒0で重賞勝ち馬のブラックスピネル(7歳)を突き放し、さらに上昇してきた。福永は「去年の秋から良かったし、あとはタイトルを積み重ねていくだけ。今が一番いい時期にきている」と太鼓判を押す。

 昨年は春秋マイルG1制覇で最優秀短距離馬に選出。今年はニホンピロウイナー、タイキシャトル、ダイワメジャーに続き史上4頭目の古馬マイルG1・3連覇が懸かる。音無調教師は「東京マイルの舞台は、去年もいい競馬をしているし合っている」と意欲十分だ。

 福永も勢いを落とすつもりはない。2週連続G1Vとなれば13年の菊花賞(エピファネイア)、天皇賞・秋(ジャスタウェイ)以来となる。3歳夏からコンビを組む相棒を「走るレースは全部勝つつもりでやっている」と信頼。ダービーを勝った後も、どん欲に前進を続ける。(牟禮 聡志)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請