石川県高野連が代替大会の開催を発表 星稜など昨秋の8強校は地区予選を免除

昨年7月の石川大会決勝で優勝して喜ぶ奥川(中央)ら星稜ナイン
昨年7月の石川大会決勝で優勝して喜ぶ奥川(中央)ら星稜ナイン

 石川県高野連は1日、第102回全国高校野球選手権大会(甲子園)とともに中止が決まった同石川大会について、代替大会を開催すると発表した。7月11日に開幕し、金沢、能登、加賀の3地区による地区予選を行った後、同23日から8月9日までの土日祝日を利用して県大会を行う。星稜など昨秋の県大会ベスト8校は予選を免除される。

 組み合わせ抽選については、地区予選は28日までに日時、会場を関係校に連絡し、県大会は7月2日に各地区の副理事長による代理抽選を行う。ベンチ入りは20人までとするが、試合ごとの入れ替えは可能。試合は原則、無観客で開催し、ベンチ外部員の観戦は認める。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請