石川県高野連が代替大会の開催を発表 7・11から地区予選、7・23から県大会を予定

 石川県高野連は1日、夏の甲子園大会と地方大会の中止を受けて、代替大会となる「石川県高等学校野球大会(令和2年度夏季)」の開催と実施案を発表した。

 大会はトーナメント方式で行われる。7月11日~19日の土日に金沢、能登、加賀の各地区予選が行われる予定。なお昨秋の県大会ベスト8進出校は予選免除となる。同23日~8月9日の土日、祝日で県大会を開催する予定だ。

 新型コロナウイルス感染拡大防止などのため、そのほかの決まりとして

(1)原則、無観客の開催とする(控え部員の観戦は認める)。

(2)ベンチ入りの選手は、20名までとする。試合ごとのベンチ入りの選手の入れ替えは認める。当日のオーダー表に記入されたメンバーを正式メンバーとする。

(3)「新型コロナウイルス感染拡大防止のためのガイドライン」に従い、大会運営を行う。

(4)1日原則、2試合とする(各球場)。消毒作業時間の確保、熱中症対策のため。

(5)試合中以外は、当連盟から支給したスポーツマスクの着用を求め、感染予防に努める。

を挙げた。また、開催に向けて細かい箇所を協議する必要があり、正式な開催要項は後日発表の見込みという。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請