竜電 同郷で付け人も務めた勝武士さんの死去に「弟の様な存在。心にポッカリと穴が空きました」

竜電
竜電

 大相撲の幕内・竜電(29)=高田川=が1日、日本相撲協会を通じてコメントを発表し、先月13日にコロナウイルス性肺炎による多臓器不全で亡くなった勝武士さんを悼んだ。勝武士さんは、山梨・竜王中の後輩。自身の付け人も務め、支えられていた存在だった。 発表されたコメントは以下の通り。

 「勝武士は小学校1年生から通っていた柔道スポーツ少年団から、22年間ずっと一緒で誰よりも自分のことをよく知る弟の様な存在でした。

 入院後、心配で送ったメールに『大丈夫です!!また連絡します。』ときた返信が最後となってしまいました。明るく、優しく、いつもそばにいるのがあたりまえの存在を失い、心にポッカリと穴が空きました。しかし前を向き、これからも見守ってくれている勝武士と共に、今まで以上に相撲道に精進します」 竜電 剛至

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請