柔道界の異端児、東京五輪代表の向翔一郎がヘアスタイルをまさかのコーンロウに「魔が差して」

インスタグラム@shoichiro_mukaiより
インスタグラム@shoichiro_mukaiより

 柔道男子90キロ級の東京五輪代表に内定している向翔一郎(24)=ALSOK=が、1日に更新した自身のインスタグラムで、柔道ニッポンのイメージとは、かけ離れたイメチェンのびっくりヘア写真を投稿した。

 もともとはゆるふわのヘアスタイルだったが、レスリング女子五輪3連覇の“霊長類最強女子”吉田沙保里さんの現役時代の戦闘モードヘアに。以前にもコーンロウに変えた時期があり、周囲を驚かせていた向は「久しぶりに魔が刺(差)してコーンロウ いつも楽しい時間をありがとうございます」(原文まま)とつづった。

 メイプル超合金のカズレーザーに似ていて、性格も明るく奔放。柔道のスタイルもキックボクシングを参考にした動きを取り入れるなど日本柔道界では異端とも言える存在だ。独特のヘアスタイルは自粛中のリラックスなのか、はたまた今後も継続するのか。注目されそうだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請