【広島】投手起用について佐々岡監督「結果、内容で考える」

マスク姿で練習を見守る広島・佐々岡監督
マスク姿で練習を見守る広島・佐々岡監督

 広島の佐々岡真司監督(52)が31日、開幕に向け練習試合の結果で投手起用を固めていく方針を示した。

 30日の紅白戦では、守護神候補のフランスアが1回5安打5失点、DJジョンソンが1回2安打2失点と炎上。大瀬良ら好調な先発陣とは対照的に、守護神不在の苦境を露呈した。不安要素が残り、「先発も中継ぎ陣もバランスを考えながらになる。結果、内容で考える」。

 開幕まで1か月を切り「(春季キャンプからオープン戦まで)1回状態を作ってからの入りなので、また感じ方は違うだろう。練習試合で投げる中で、どこまでのイニング、球数が投げられるか」と指揮官は奮起を促した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請