ドラフト開催日変更へ…11月5日公式戦の可能性も

2019年のドラフト会議(佐々木朗希のくじを引き当てたロッテ・井口資仁監督)
2019年のドラフト会議(佐々木朗希のくじを引き当てたロッテ・井口資仁監督)

 新型コロナウイルスの余波で、プロ野球ドラフト会議の開催日変更が検討されていることが30日、分かった。今秋のドラフト会議は11月5日に予定されているが、新型コロナの感染拡大に伴う開幕延期と日程再編の影響で、同日にプロ野球の公式戦が組み込まれる可能性が浮上。今後は公式戦が行われない日を候補に、新たな開催日を模索していくとみられる。

 近年、ドラフト会議は10月下旬に実施されてきたが、今季は東京五輪開催に伴う公式戦休止期間の設定などにより、例年より遅い11月5日に設定されていた。だが新型コロナの影響で、プロ野球の開幕が当初の3月20日から6月19日に延期。レギュラーシーズン120試合を目指すにあたり11月5日に公式戦が行われる見通しとなったため、ドラフトの日程変更を検討しているという。

 日程を再編したプロ野球の日本シリーズ開幕日は11月21日。通例に従えばドラフトはシリーズ直前の11月19日前後が候補となるが、遅い時期の開催は学生の進路に影響が及ぶ可能性があるため、現実的ではないとの声もある。10月下旬から11月上旬で公式戦のない月曜日などを候補に、新たなドラフト開催日を検討していくことになりそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請