桃田賢斗、6月中旬に代表合宿合流…銭谷専務理事「かなり練習もできていると情報が入っている」

スポーツ報知
桃田賢斗

 バドミントン男子シングルスで世界選手権2連覇の桃田賢斗(25)=NTT東日本、写真=が、来月中旬に日本代表へ合流する見通しとなった。日本協会は、新型コロナウイルス禍に伴う他府県への移動自粛が全面解除となる来月19日から合宿を計画。30日に都内で行われた理事会後に対応した銭谷欽治専務理事は「桃田選手は(所属で)かなり練習もできていると情報が入っている。間違いなく参加してくれると思う」とした。

 桃田は、今年1月のマレーシア遠征中の交通事故で右眼窩底を骨折。2月に手術を受けて全治3か月と診断されたが順調に回復し、2月末に所属での練習を再開。3月6日の会見では「(事故を)全てを受け止めて、力に変えられるようなスケールの大きい選手になって、コートに戻りたい」と意欲を燃やしていた。

 合宿は代表が拠点とする都内のNTCでの実施を目指していたが、他競技団体の利用殺到で宿泊施設が安全に確保できない場合、NTC以外での男女別合宿も視野に入れる。分散開催の場合、富山や熊本などが候補地。混合ダブルスのペアは、男子側の開催地で練習するという。(細野 友司)

スポーツ

×