【広島】ピレラ「非常にいい状態が続いている」メヒアら紅白戦で5発

紅白戦の1回2死、レフトへソロ本塁打を放つホセ・ピレラ
紅白戦の1回2死、レフトへソロ本塁打を放つホセ・ピレラ

◆広島紅白戦 白組4―5紅組=特別ルール=(29日・マツダ)

 広島は29日、マツダで紅白戦を行い、紅白合わせて5本塁打が飛び交う打撃戦となった。実戦は3月25日の練習試合・ヤクルト戦(マツダ)以来だったが、ブランクを感じさせない打棒。観客席で見学するファンを感激させ、佐々岡監督は「野手の方はしっかりと振れていた」と手応えを持ち帰った。

 口火はピレラが切った。初回2死で大瀬良から来日1号。「非常にいい状態が続いている」と、高めのスライダーを左翼へ運んだ。メヒア、西川、会沢、田中広と続いたアーチショーは、新型コロナウイルス対策のためエアタッチで祝福。陽気な性格のピレラは軽くタッチしてしまい「不思議な感覚だけど、慣れていかないといけない」と苦笑いを浮かべた。

 4連覇を逃した昨季はリーグ4位の140本塁打にとどまったが、この日は普段の3番から5番に入った西川も2安打2打点と適性を示した。主砲の鈴木誠を絶対軸に、どこからでも点が取れそうだ。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請