亀田和毅、パパに「感動で涙が止まらない」…コロナ禍不安も「かわいい」

スポーツ報知
男児を授かった亀田和と出産前のシルセ夫人(本人提供)

 プロボクシング世界3階級制覇を目指し、メキシコに拠点を置く亀田和毅(28)は27日(日本時間28日)、現地の病院でシルセ夫人(31)が第1子となる男児を出産したと、スポーツ報知に喜びの報告をした。

 コロナ禍で不安が募るなかでの出産だった。「無事にかわいい元気な赤ちゃんが生まれました」と明かした和毅。「人生でこんなにうれしい瞬間は初めてだし、感動で涙が止まらないです。ホンマにシルセはよく頑張って産んでくれて感謝しきれない。シルセと出会えて、人生の中で一番愛する人と一緒になり、自分たちの子供が生まれて。子供にも『生まれてきてくれてありがとう』です」と、この上ない喜びを語った。

 3月中旬に感染拡大前の米ラスベガスから、夫人の故郷のメキシコ市に移動。夫人を守り、出産準備を進めてきた。「家族が増え、第一歩も始まりです。これでお父さんになり、責任感がもっと強くなり、子供のためにもっと頑張っていきます」と、決意を新たにした。(小河原 俊哉)

 ◆父の史郎氏3日で孫2人

 和毅の父で人気ユーチューバーの史郎さん(55)は「(次男の)大毅んとこも、おとつい生まれてるで。男の子ね」とこの3日間で2人の孫を授かったと明かした。長男・興毅さん(33)は男児4人の父で、大毅さん(31)は26日に第2子(男児)が誕生。和毅の第1子も加わり、男ばかり7人の孫のおじいちゃんになった。「7人で北斗七星やで。あと2人で野球できるな」と笑い、代名詞の「3150!(最高)」で祝った。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×