柴田善臣騎手の三男が合格…オートレース選手養成所第35期選手候補生試験

 JKAは28日、オートレース選手養成所第35期選手候補生入所試験の合格者20人(うち特例3人、女子は過去最多の8人)を発表した。特例合格者は、JRAの柴田善臣騎手(53)の三男で、2017年の全日本ロードレース選手権J‐GP2 年間5位の柴田陸樹(りっき、23)はじめ、19年の全日本モトクロス選手権A1年間11位の北原岳哲(たけさと、24)、16年のロードレース世界選手権に出場し、同年の全日本ロードレース選手権J‐GP3 年間9位の佐藤励(20)の3人。

 過去の特例合格者には青木治親(29期)=川口=、青山周平(31期)=伊勢崎=ら12人がおり、活躍している。養成期間は、今年9月から9か月間で、21年6月のデビューを目指す。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請