日本高野連の八田会長が代替大会開催へ“ネット募金”歓迎の意向

スポーツ報知
日本高野連の八田英二会長

 日本高野連は27日、オンラインで理事会を開き、今夏の甲子園大会と地方大会の中止を受け、都道府県独自大会の実施要項と新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインを作成し、各連盟に配布した。

 原則、無観客試合のため、各連盟の財政的な負担を考慮し、日本高野連と朝日新聞社が総額1億9000万円の財政支援を行う。各連盟への内訳は公表せず、中止を決定した福岡県を含む全高野連に一定額を一律で支給。残りは代替大会を開催する高野連の参加校数に応じて配分する。

 八田英二会長(70)は「私的な団体や個人からの寄付は地方にも日本高野連にもある。学生野球憲章に照らして原則が満たされているなら、クラウドファンディングも含めて積極的にお受けしたい」と“ネット募金”も歓迎する意向を示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請