白鵬、来週にもぶつかり稽古…いまは四股、すり足を中心に汗

7月場所に向け稽古を行う白鵬
7月場所に向け稽古を行う白鵬

 大相撲の横綱・白鵬(35)=宮城野=が27日、25日に政府の緊急事態宣言が全面解除となったことを受け、日本相撲協会を通じてコメントを発表。「申し合い、ぶつかり稽古は来月あたりから行っていきたい」と、早ければ来週にも実戦的な稽古の再開を示唆した。

 新型コロナウイルス感染予防のため、これまで接触を伴う稽古は控えてきた。「目に見えないコロナウイルスという敵との闘いがある中で、いろいろ考えながらやっています」とこの日も四股、すり足を中心に汗を流したという。東京での特別開催を目指す7月場所(同19日初日・両国国技館)まで2か月弱。「早く大相撲を楽しみにされてる皆様に元気な姿をお見せできれば」と徐々に稽古のペースも上げていく。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請