【浦和】4グループに分け時間差練習で活動再開…選手は肺活量も鍛えられる黒マスク着用

マスク着用で練習再開した浦和GK西川(提供:浦和レッズ)
マスク着用で練習再開した浦和GK西川(提供:浦和レッズ)

 J1浦和はコロナ禍で4月5日から休止していた活動を再開。さいたま市内で少人数の4グループに分かれ、時間差をつけて実施した。

 ピッチでは選手が黒いマスクを着用。飛まつ拡散を防止し、肺活量を鍛えられる特殊素材のマスクで、ウェブ取材に応じた主将GK西川は「最初はめちゃくちゃ苦しかったけど、肺を鍛える部分ではけっこう好き。今後はつけてジョギングしようかな」と笑顔を見せた。6月下旬から7月上旬のリーグ再開を見据え「コンディションを上げていく」と力を込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請