【晴山由梨きょうも釣り日和】ダイレクトな引きのマダイに大興奮…一つテンヤ講座

一つテンヤで1キロ級のマダイを釣った由梨ちゃん(写真は昨年7月、日立久慈港の大さん弘漁丸で撮影)
一つテンヤで1キロ級のマダイを釣った由梨ちゃん(写真は昨年7月、日立久慈港の大さん弘漁丸で撮影)
竿先の動きに注意しながらアタリを待つ
竿先の動きに注意しながらアタリを待つ
しっかりと合わせれば、マダイの口にがっちりとハリが掛かる
しっかりと合わせれば、マダイの口にがっちりとハリが掛かる

 釣りガールの晴山由梨が、自身も大好きな一つテンヤのマダイ釣りのコツを解説する。外房・大原で生まれたこの釣りは、瞬く間に広がり人気釣法の一つとなった。竿、リール、道糸、リーダー、テンヤとシンプルな道具立てで、マダイの引きがダイレクトに感じられるのが魅力だ。人気連載の「おさかな絶品レシピ」でもマダイを使った料理を紹介する。

 今回は私の大好きなひとつテンヤのマダイ釣りについてご紹介します。鉛にハリがついた「テンヤ」といわれる仕掛けを使ってマダイを狙う釣法で、外房・大原が発祥の地といわれています。10年以上前に生み出され、その後どんどん広がりました。今では一年中狙っている船宿もあります。季節によって数釣りが狙えたり、大型が釣れたりするほか、マダイ以外にもヒラメやマハタ、ホウボウなど様々な高級魚が釣れるのも魅力です。

 基本的な釣り方は、リフト&フォール。テンヤを底まで落とし、竿を持ち上げ、その後ゆっくり竿を下げてテンヤを落とし込む動作を繰り返します。この時、テンヤの着底が分かるかが重要です。軽いテンヤのほうがアタリを取りやすいのですが、着底を感じられないと釣りにならないので、まずは重めのテンヤを使ってみましょう。仕掛けを落として行く時に出る道糸が、フワッと瞬間的に緩むのが着底のサインです。見逃さないようにしましょう。

 アタリは竿先にコツッと小さく出たり、フォール中に糸がフケたり、糸が走ったりと様々。とにかく「何か変だな」と思ったら鋭く竿を立てて、しっかり合わせます。合わせが決まり、うまくハリが掛かったら、魚の重みが一気に加わるので、ここから魚とのやり取りがスタートです。

 使う道糸はPE0・6~0・8号と非常に細く、タックルも軽量で繊細なため、魚がアタックしてきた時はその感触がとてもダイレクトに伝わってきます。これもこの釣りの魅力の一つです。その分心臓もバクバクですが、焦らず無理せずやり取りすることが重要です。この時、助けとなるのがリールのドラグ。事前に1キロ・グラムに設定しておけば、強い引きにも耐えられます。魚が強く引き込む時は無理に糸を巻かず、魚が落ち着いたらまた巻き始めます。余裕が出てきたら、ぜひこの魚との駆け引きを楽しんでみてください。本当に興奮しますよ。

 初めて私が3キロのマダイを掛けた時には、あまりの引きの強さに驚き、無我夢中でやり取りしたのを覚えています。水面にやっと魚が見えた時は、涙が出そうになるくらいうれしかったです。使う道具もとてもシンプルで手軽に楽しめるので、釣りビギナーや女性の方にもぜひ挑戦してもらいたいです。(晴山 由梨)

  • 由梨ちゃんお気に入りのテンヤ
  • 由梨ちゃんお気に入りのテンヤ

 ひとつテンヤで使う竿は、テンヤを操作しやすく、小さいアタリも取れる先調子のものが有利です。大型のマダイが掛かればしっかり曲がって衝撃を吸収できるものがいいでしょう。専用竿は、長さ2メートル台前半のスピニングロッドが中心です。リールはスピニング。ドラグ機能が優れているものがオススメです。

 悩むのがテンヤの選択。実に様々なテンヤがあるのです。水中で光る夜光塗料が塗られているもの、キラキラのラメが入っているもの、カシャカシャと音が鳴るものなど、色や形状は多種多彩。釣具店に行くと、その種類の多さに驚かされ、どれを買おうか、いつも迷ってしまうのですが、実はテンヤ選びからこの釣りは始まっているといっても過言ではありません。自分の選んだテンヤで釣れた時のうれしさはひとしおです。

 私のお気に入りカラーは赤金です。願掛けの意味も込めて、朝イチは赤金カラーのテンヤからスタートすることが多いです。皆さんもお気に入りのカラーを見つけてくださいね。

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり) 鳥取市生まれ。広島大学教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 私は最近、自宅で釣り具の整理と仕掛け作りをしながら過ごしています。一日でも早くまた思いっきり釣りを楽しめる日が来ることを願っています。また、皆さんと釣り場で笑ってお会いできますように。今後のテレビ出演、イベント参加などについてはブログでお知らせしています。チェックしてみてください」

 ◆めも マダイ乗合船は以下の船宿から出る。

 ▽一つテンヤ

 平潟港第3隆栄丸(TEL0293・46・2133)

 日立久慈港大さん弘漁丸(TEL0294・52・3504)

 那珂湊港源丸(TEL029・265・7718)

 大洗港昭栄丸(TEL029・267・5396)

 鹿島港植田丸(TEL0299・82・3773)

 飯岡港太幸丸(TEL0479・63・1902)

 大原港松栄丸(TEL0470・62・0571)

 金沢八景弁天屋(TEL045・701・9061)

 ▽コマセ釣り

 太海港聡丸(TEL04・7092・0505)

 洲崎港第2美吉丸(TEL090・7008・0802)

 保田港弥生丸(TEL0470・55・0747)

 腰越港孝太郎丸(TEL0467・31・1344)

 茅ケ崎港ちがさき丸(TEL0467・86・1157)

 早川港平安丸(TEL0465・22・0676)

 古宇港吉田丸(TEL055・942・2565)

一つテンヤで1キロ級のマダイを釣った由梨ちゃん(写真は昨年7月、日立久慈港の大さん弘漁丸で撮影)
竿先の動きに注意しながらアタリを待つ
しっかりと合わせれば、マダイの口にがっちりとハリが掛かる
由梨ちゃんお気に入りのテンヤ
すべての写真を見る 4枚

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請