“和製ヘラクレス”こと陸上十種競技の右代啓祐、スポーツビズとマネジメント契約

右代啓祐
右代啓祐

 陸上十種競技で16年リオ五輪代表の右代啓祐(国士舘ク)が、スポーツビズとマネジメント契約を結んだことが27日、明らかになった。

 右代は196センチ、95キロの筋骨隆々の肉体で活躍し、“和製ヘラクレス”と称される。2大会連続出場となったリオ五輪では日本選手団の旗手を務めたほか、世界陸上でも5大会連続で出場中。直近のドーハ世陸では出場資格を巡るドタバタ劇にも見舞われたが、16位に入って健在ぶりを示した。

 2018年からは国士舘大に所属し、大学講師として陸上の授業を受け持ちながら、集大成となる東京五輪出場を目指している。

 スポーツビズの公式サイト上では、プロフィルも公開。趣味は音楽(ギター)や料理、自慢できることは上腕二頭筋。一方で、苦手なものには、動物(小動物もNG)を挙げるという意外な一面ものぞかせている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請