【オリックス】育成6位大下誠一郎が3ランでアピール「感触は完璧でした!」

3回1死一、二塁で3ラン本塁打を放ったオリックス・大下誠一郎
3回1死一、二塁で3ラン本塁打を放ったオリックス・大下誠一郎

 オリックスの大下誠一郎内野手(22)が27日、京セラドーム大阪での紅白戦に紅組の「6番・サード」で先発出場。3回1死一、二塁で迎えた第2打席、カウント3ボール1ストライクから白組2番手の漆原の147キロをレフトスタンドに運んだ。

 大下は「打ったのはストレートです。感触は完璧でした! しっかりと強く振ることを意識して打席に入っていましたし、バッティングカウントだったので、思い切ってスイングしたことがいい結果につながってくれたと思います」とコメント。昨年の育成ドラフト6位で白鴎大学から入団した大卒ルーキーが、1軍相手に好アピールした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請