貴景勝、ぶつかり稽古再開…7月場所に向け「精いっぱいやりたい」

基礎トレーニングに励む貴景勝(日本相撲協会提供)
基礎トレーニングに励む貴景勝(日本相撲協会提供)

 大相撲の大関・貴景勝(23)=千賀ノ浦=が26日、日本相撲協会を通じて報道陣の質問に回答。春場所で負け越し、東京での特別開催を目指す7月場所(同19日初日・両国国技館)をカド番で迎える中、「気持ちを切り替えてやっています」とコメントした。

 政府の緊急事態宣言が全面解除となり一夜明けたこの日は、都内の千賀ノ浦部屋で稽古。「基礎運動を中心にぶつかり稽古も少し行いました」と、接触を伴う稽古も再開していることを明かした。新型コロナ禍で夏場所は中止に。一時協会からはぶつかり稽古なども自粛するよう要請されていたが、「体重の増減もなく体のメンテナンスもしっかりできているので、毎場所と変わらなく過ごせています」と、調整は順調な様子だ。

 7月場所は昨年、夏場所で負傷した右膝の影響で全休し、大関から陥落した場所。再びカド番で迎える本場所に向け、「今は東京での7月場所に向けて精いっぱいやりたい。皆さんに自分らしい相撲を見てもらえるように頑張ります」と、力強く語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請