村田諒太が高校生らにエール 「悔しさで今がある」と思える未来つくろう

オンラインエール授業を行った村田諒太(中央)
オンラインエール授業を行った村田諒太(中央)

 プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(34)=帝拳=が26日、高校生アスリートらを対象としたオンライン授業に参加した。

 新型コロナウイルス感染拡大で史上初めて全国高校総体(インターハイ)が中止になったことを受け、実施予定だった30競技の部活動を行う高校生らをトップアスリートや有志が激励するプロジェクト「明日へのエールプロジェクト」が始まり、その第1弾「オンラインエール授業」の第1回で、村田がテレビ会議アプリ「Zооm」を使って全国の高校生ボクサー約40人らと交流。悩みや質問に答えながら、エールを送った。

 「いまとこれから」をテーマに、ボクシング部の主将や代表らと話し合った村田。インターハイ中止で目標を失ったり、モチベーションが低下したという選手の声を念頭に、自身が「高校5冠」と紹介されると、「5冠とよく言われるが、すごく悔しいイメージが残っている。(近畿予選で京都チームが敗れ)国体に出場できなかったから、悔しい気持ちが少しは分かるかもしれない。でも、僕には誇りに思えることがある。6冠はできなかったけど、目標を全日本選手権で勝てば変則でも6冠になる。その先に何かを見てチャレンジしたことが、その先につながったんです」と呼びかけた。その上で「もし、僕が今、高3なら全日本選手権とか国際大会を目指すことを考えたと思う」と話した。

 今後、競技を続ける選手には「2024年(のパリ五輪)を一つの目標にしてもいい」などと提案。高校までで競技を終えるという生徒に「何を目標にしたらいいか」と聞かれると、「物事はこれが良かったとか悪かったとか、後から判断できる。将来、満足している自分がいれば『悔しい気持ちがあったから、ここまで来られた』と思える。『(インターハイに出場できず)悔しい思いをしたけど、だからこそ、今の自分がいる』と言えるかどうか。未来を作っていくことを考えた方がいい」とアドバイスした。

 コロナ禍で自粛の日が続くが、村田は人に会えない状況のとらえ方を切り替え、普段は中々思いを伝えることができなかった両親に感謝の気持ちを伝える機会にしたという。「(母に)『産んでくれて、ありがとうな』と言うと『気持ち悪い』とか言われたけど、まんざらでもない顔をしていた。親に質問とかすると、気分が晴れたりします」と話すと、高校生からは「家族でいっぱいコミュニケーションをとろうと思った」という感想も。

 約50分の“講義”を終えた村田は「学生のリアルな悩みが聞けた。こういう機会に参加してくれるのはポジティブな人が多く、皆、前を見ていたし、大人だなと思った。こういう状況をネガティブにとらえる人が心配」と思いやった。「(自分の思いを)アウトプットする機会がなかった。僕が若い子たちと話して、教えられたという感じですね」と参加を喜んだ。現在、練習はロードワークやシャドーボクシングなど、他の人と接触しないように気遣いながら行っている。緊急事態解除宣言が出たが「だからといって、すぐに普通に動いたら良くない。日本人は(緊急事態宣言期間中に)美徳を示してくれた.強制力がないのに、(自粛などで)日本人は美しさを見せた。(自粛は)継続すべき」と話した。その一方で「34歳という年齢なので、後悔はしたくない。『試合だよ』と言われ『動けません』では、自分がコロナに負けてしまうことになる。病気ではないところで。後悔はしたくない」と言い切った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請