【オリックス】27日紅白戦でドラ1ルーキー宮城大弥がプロ相手の初登板へ

27日の紅白戦に登板するオリックス・宮城
27日の紅白戦に登板するオリックス・宮城

 オリックスの宮城大弥投手(18)が27日に京セラドーム大阪で行われる1、2軍の紅白戦で、プロ相手の初登板を迎える。

 昨秋のドラフト1位で興南高(沖縄)から入団したルーキー左腕。チーム方針によりキャンプから2軍で練習を続けてきたが、対外試合初登板だった3月20日の大商大とのプロアマ交流戦では、1回3三振のパーフェクトデビューと高い素質を示した。

 その後は実戦登板の機会がなかったが、開幕延期による自主練習中には新球習得にもチャレンジ。現在の持ち球はカーブ、スライダー、チェンジアップだが、「ピッチングの幅が広がる」とフォークの習得に取り組んできた。

 4月の自主練習中に球団を通じて「まだ試合でプロ野球選手を相手に投げることができていないので、シーズンが開幕した時には、まずはゲームで投げることを目標に頑張っていきたいと思います」と謙虚に目標を掲げていた宮城。自軍の1軍相手にどんなピッチングを見せるか注目だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請