【DeNA】山崎がシート打撃に登板 最速146キロと順調…無観客でヤスアキジャンプお預けに「できるようになるまで何とか戦う」

DeNA・山崎はシート打撃に登板後、取材に応じた(球団提供)
DeNA・山崎はシート打撃に登板後、取材に応じた(球団提供)

 DeNAの山崎康晃投手(27)が26日、横浜スタジアムでシート打撃に登板し、打者4人に対して最速146キロの直球を投げるなど、順調な調整ぶりをアピールした。

 開幕日が6月19日に決まってから一夜明けて、2年連続セーブ王の気持ちは晴れていた。中井、戸柱、桑原、ソトを相手にして、直球にツーシーム、カットボールを交えて全11球。3安打されたが「とにかく野球ができる喜びをあらためて感じました。打者と1対1の勝負ができる楽しさを感じました」と精いっぱい腕を振った。

 新型コロナウイルス対策で、当面は無観客試合となるため、登板時の球場を揺るがす「ヤスアキジャンプ」もお預け。「エネルギーのある応援で、寂しさはありますが、皆さんが安心して球場に来て、できるようになるまで何とか戦っていきたい。こういう状況なので新しい応援方法が生まれればいい」と前を向いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請