野口健さん、ネットの誹謗中傷を経験し「内臓がえぐられ、体の内部から破壊されていく」今後へ警鐘も

野口健さん
野口健さん

 登山家の野口健さん(46)が26日、自身のツイッターを更新。自身も経験したというネットの誹謗(ひぼう)中傷について言及した。

 野口氏は「ネットでの誹謗中傷、何度か経験しましたが、ある日、突然バッタの大群が襲ってくるような。誰かが意図的に火をつけたかのように。僕の経験では1週間から長いと1ケ月間強。そしてあるタイミングでピタリと止む。まるで何事もなかったかのように」と過去の経験について述べた。

 中傷コメントを受けた時について「誹謗中傷の言葉、炎上すれば多い時には1日で数百件。不思議なもので言葉の選び方に皆さん、共通点がある。心をえぐるプロ集団。ドロついた言葉の大群が押し寄せてくると、反論する気力すら失われ、また、反論すれば更にエスカレートするもの。ヘドロに塗れた憎悪の塊のような言葉にいつしか心底疲弊」と心境を明かした。

 また「一つ一つの言葉に対しては『程度が低いな』と心の中で感じても、その大群が押し寄せてくるとコツコツとまるでボディーブローのように内臓がえぐられるかのような、気がつけば体の内部から破壊されていく。表面の痛みよりもたちが悪くまるで癌細胞の如く内部でじわりじわりと疲弊の波が増殖するもの」と心ない言葉により、見えない傷を負う苦しさを記した。

 続けて「炎上に心配した仲間から『あんなのは便所の落書き。気にする必要もないよ』と声をかけてくれる。『ありがたい』と感じつつも、しかし、その渦中に置かれると、少しずつ周りが見えなくなっていく。世の中から自身の存在が全否定されてしまったかのような。リアリティーをもった錯覚ほど厄介なものはない」と振り返った。

 それでも「人を苦しめるのも人。でも人を救うのも人。心底に心が乾ききった僕の元に駆けつけ夜中まで一緒に飲んでくれた仲間達。あの夜に僕は救われた。こんな中年おじさんでもそんな事がありました」と友人たちに救われた事に感謝し、「『指殺人』まさにこの言葉の通り。気がつかない内に足元にそのモンスターは次の機会を狙い潜んでいる。誰しもに」と警鐘を鳴らした(原文ママ)。

 SNS上での誹謗中傷は、23日に22歳で亡くなったフジテレビ系恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中の女子プロレスラー・木村花さんのSNSに誹謗中傷ともとれるコメントが寄せられていたことが現在、ネットを中心に著名人を含めさまざまな問題提起がなされている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請