女子ゴルフツアー来年と統合 “1・5年”長丁場に選手は「現実感ない」

オンラインで記者会見したJLPGA・小林会長
オンラインで記者会見したJLPGA・小林会長
 【注】※1のQTは翌年の出場権をかけた予選会。※2のリランキングは20―21シーズンでは、試合数が通算21試合目となる大会の終了後にシード選手以外で出場優先順位の見直しを行う。※3のリランキングは、最初のリランキングから7試合目となる大会終了後に再度、出場優先順位の見直しを行う。※4のリシャッフルは、通算34試合目となる大会終了後、出場優先順位の見直しを実施する。
 【注】※1のQTは翌年の出場権をかけた予選会。※2のリランキングは20―21シーズンでは、試合数が通算21試合目となる大会の終了後にシード選手以外で出場優先順位の見直しを行う。※3のリランキングは、最初のリランキングから7試合目となる大会終了後に再度、出場優先順位の見直しを行う。※4のリシャッフルは、通算34試合目となる大会終了後、出場優先順位の見直しを実施する。

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は25日、コロナ禍で試合数が大幅減となったツアーの開催方式を変更し、2020年と21年を合わせて一つのシーズンとすることを発表した。シード権は来年に持ち越され、今年は史上初めて賞金女王が誕生しない年となる。

 今年の出場資格を持つある女子プロ選手は、20―21シーズン統合の決定について「年度をまたいでのシーズンはやったことがないので、あまり現実感がないです。(ランク50位以内でシードを争う)賞金のラインも例年と違う。基準がないので、どうなりますかね」と率直に感想を語った。39試合の昨年は賞金約2400万円がシード獲得の目安だったが、試合数が読めず変動もありそうだ。

 その上で「今はトレーニングも練習もできています。一試合一試合、目標を持ってやっていくだけ。シーズンが始まってくれればうれしい」と気を引き締めた。6月のアース・モンダミンカップの開催可否が未定となっていることは「やると思って練習しています」と強調した。

 コロナ対策は「夏だし、マスクは(暑くて)キツい」と不安も。ただ、会場への移動に関しては「車で行けるところなら心配ない」と話した。例年同様に12~2月のオフは挟むが、シーズンが“1・5年”の長丁場となる可能性もあり、「今年中に(賞金を)稼ぎたい」と力を込めていた。

オンラインで記者会見したJLPGA・小林会長
 【注】※1のQTは翌年の出場権をかけた予選会。※2のリランキングは20―21シーズンでは、試合数が通算21試合目となる大会の終了後にシード選手以外で出場優先順位の見直しを行う。※3のリランキングは、最初のリランキングから7試合目となる大会終了後に再度、出場優先順位の見直しを行う。※4のリシャッフルは、通算34試合目となる大会終了後、出場優先順位の見直しを実施する。
すべての写真を見る 2枚

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請