【C大阪】新型コロナから回復したGK永石が右足を手術

C大阪・永石拓海
C大阪・永石拓海

 C大阪は25日、GK永石拓海(24)が21日に右脛骨疲労骨折で手術を受け、全治4か月と診断されたと発表した。

 永石は4月1日、新型コロナウイルス感染が判明。同17日に大阪府内の医療機関から退院していた。チームはこの日から大阪市内で約2か月ぶりに練習を再開しており、ロティーナ監督(62)は「拓海は以前から右足に違和感があった。(練習不参加は)コロナの関係ではない。もう完全に治っている」と説明した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請