深川麻衣のおうち時間 自作小物で癒やされ「麻衣ホーム」に!逆転の発想「今しかできないことを」

自宅で犬のオブジェを手作りした深川麻衣
自宅で犬のオブジェを手作りした深川麻衣
お気に入りの映画にちなんだ魚のモビールも作成
お気に入りの映画にちなんだ魚のモビールも作成
完成品はテレビ台に
完成品はテレビ台に

 元「乃木坂46」で女優の深川麻衣(29)にテレビ会議アプリ「Zoom」で取材しました。器用な手先を生かしたインテリア小物作りで自宅をレベルアップしているといい、粘土でオブジェを作ったり、好きな映画にちなんだモビールをつるすなどして、自宅での生活が豊かに。「発想の転換で、楽しく時間を使っていけたら」と呼びかけた。

 外出自粛していたこの2か月間は本来なら、出演した映画「水曜日が消えた」(5月15日公開予定だったが延期となり近日公開)のPR活動が増えてくるはずの時期でした。自粛が始まったころはストレスを感じることもありましたが、「家にいながら今しかできないことをやってみよう」と逆の発想を持つようになりました。

 もともと手を動かして何か作るのが好き。家のテレビ台の横に置物がほしいなと思っていたこともあり、大好きな犬のオブジェ作りにトライしてみました。石粉粘土を乾燥させて、アクリル絵の具で色づけ。実家で小1のころから飼っていたヨークシャーテリアをイメージしたものと、個人的に好きなミニチュアシュナウザーを作って、くちゃっとした表情に癒やされています。

 「わたしは、ダニエル・ブレイク」(17年、英仏ベルギー合作)という映画が大好きなんですが、主人公のおじいちゃんが大工さんで、自宅に木製の魚のモビールを飾っているんです。それをまねたモビールを、私も厚紙とテグス(ナイロン製の糸)で作りました。愛着がわいて、窓際につるして、風が入ってくるとカーテンと一緒に揺れてステキです。

 自宅ではお友達の永島聖羅ちゃんとテレビ電話をつないでおしゃべりしたり、またラジオをよく聴くようになりました。DJさんの選曲が聴ける機会で、たくさんの音楽との出会いがありました。家にいる時間が長いと、いろいろ考えて不安になってしまいますが、この機会だからこそ、発想を転換した時間の使い方ができたらいいなと思っています。みなさんもこの機会に絵を描いたり、本を読んだり、したことがなかったことに挑戦してみてはいかがでしょうか。自粛生活が終わったら、焼き肉を食べにいきたいです!

 ◆深川 麻衣(ふかがわ・まい)1991年3月29日、静岡県生まれ。29歳。2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格し、翌年デビュー。16年3月シングル「ハルジオンが咲く頃」で初センターを務め、同6月に卒業。女優に転身し、18年の映画「パンとバスと2度目のハツコイ」で初主演。19年1月期のテレビ東京系「日本ボロ宿紀行」で連ドラ初主演。

自宅で犬のオブジェを手作りした深川麻衣
お気に入りの映画にちなんだ魚のモビールも作成
完成品はテレビ台に
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請