25日に「6・19」開幕発表へ…理想は夏に無観客解除

開幕を待つ東京ドーム
開幕を待つ東京ドーム
今季のプロ野球の主な開催方式
今季のプロ野球の主な開催方式

 新型コロナウイルスの影響で延期となっているプロ野球の開幕が、6月19日に設定されることが確実になった。

 政府は24日、5都道県で継続中の緊急事態宣言を25日に解除する方針を決定。開幕日決定の条件としていた宣言の全面解除が決まったことで、早ければ25日に「6・19」の開幕が発表される。

 当初の開幕日だった3月20日から3か月遅れで、20年のプロ野球が始まる。練習試合を含め、当面は無観客。開幕後、セ・リーグは首都圏と首都圏以外で順番に集中開催を行い、パは2週目から1カード6連戦にシフトする。移動を含めた感染リスクを考慮した形でスタートする。

 今後は次のステップを慎重に探る。12球団は今季中の無観客試合の解除を視野に入れている。理想は夏場からだが、感染状況を見極めながら政府や自治体の方針、専門家の見解などを踏まえた上で、慎重にタイミングを模索する。有観客試合の場合も人数を制限し、段階的に観客を増やすことが現実的とみられる。

 25日にはオンラインで12球団代表者会議を予定。同日中にも開幕日や今後のスケジュールが発表される。

開幕を待つ東京ドーム
今季のプロ野球の主な開催方式
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請