無観客試合に“顔写真付き段ボールサポーター”来場 ドイツ1部ボルシアMG

ドイツ1部ボルシアMGの公式インスタグラムより(@borussia)
ドイツ1部ボルシアMGの公式インスタグラムより(@borussia)

 ドイツ1部ボルシアMG戦は23日、リーグ再開後初めて本拠で試合を行い、提供された顔写真を貼り付けた“仮想サポーター”の段ボールをスタジアムの客席に並べる取り組みを行った。

 このボルシアMGのアイデアは無観客試合における革新的なプランとして世界から注目されており、設置の権利は約2000円で販売された。クラブ主導ではなく、サポーター団体の発案だったという。アメリカの大手雑誌「タイム」は「世界中で模倣されるべき価値がある」と報じている。

 チームはレバークーゼンの1―3で敗れ、再開後の連勝を逃した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請