爆笑問題・太田光「あたかも愚問であるかの様に答える小池百合子っていう人は、とっても冷たい人だなって思った」

スポーツ報知
「爆笑問題」の太田光

 23日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)では、東京都の小池百合子知事が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を段階的に緩和する「ロードマップ(行程表)」を発表したことを報じた。

 緩和は3段階で実施され、「ステップ1」でプロ野球などの無観客試合が可能に、「ステップ2」では観客を入れることも可能になる。接待を伴う飲食店などクラスター(感染者集団)の発生歴がある施設については、国の対処方針を踏まえて検討する。緩和は、国が25日に緊急事態宣言を解除した場合、26日午前0時から実施される見通し。

 これについてMCで「爆笑問題」の太田光(55)は「小池さんに文句を言うようで何なんですけど」と前置きした上で「記者会見の時に、ある記者が12時までを10時にする事によって逆に『密』が増えるんじゃないかと言った時に、小池さんがどうやってお答えすればいいんでしょうって、すごく笑いながら。結局、狭い店というのは雰囲気があるのかもしれないけど、それは今までの常識で、その常識を変えて新しいビジネスを考える事が、商売人としての努めであるみたいな事を言ったんだけど、雰囲気でなってるんじゃないと思うんですよ」と異論を唱えた。

 続けて「東京は地価も高いし、敷地は狭いし、その中でどうやって『密』を避けようかって質問に対して、あたかも愚問であるかの様に答える小池百合子っていう人は、僕はとっても冷たい人だなって思ったんです」と話すと、すかさず「大好きですけどね」と自らフォローしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請