杉村太蔵、安倍晋三首相「桜を見る会」告発は「私も何の問題もないという立場。なぜなら、私もやってたから」

杉村太蔵
杉村太蔵

 23日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)では、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言中に東京高検の黒川弘務・検事長(63)が新聞記者と賭けマージャンをした問題で、政府が黒川氏の辞職を承認したことを報じた。

 番組では、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前夜に開かれた夕食会で、参加した有権者に飲食代を提供するなどしたとして、全国の弁護士や学者ら約660人が21日、公選法違反(寄付行為)と政治資金規正法違反の疑いで、首相と後援会幹部の計3人に対する告発状を東京地検に提出したことを伝えた。

 この問題に元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)は「法のプロ662人が告発したってちょっとビックリしたんですけど、一方でこの桜の問題に関しては、法的には何の問題もないという法のプロも大勢いらっしゃいます」とした。

 自身の見解については「私も何の問題もないという立場です」と明かし「なぜなら、私もやってたから」と説明した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請