【ヤクルト】高津監督がドラフト1位・奥川恭伸の7月1軍デビュー可能性を示唆

ドラフト1位右腕の奥川恭伸
ドラフト1位右腕の奥川恭伸

 ヤクルト・高津臣吾監督(51)が24日、テレビ朝日系「サンデーLIVE!!」に出演。ヤクルト時代にバッテリーを組んでいた古田敦也氏(54)との対談の中で、ドラフト1位・奥川恭伸投手(19)の7月中の1軍デビューの可能性を示唆した。

 プロ野球は6月19日の開幕を目指しているが、古田氏に奥川の開幕1軍について問われると「ないですね」と否定。すぐに、「7月といわれたら可能性はあると思います」と明言した。1軍昇格の条件を「ファームで80球から100球は投げられるようにならないといけない。それを何回かこなせて、そこまでくれば1軍デビューでしょうね」と明かした。

 高津監督は奥川について「調子はいいですよ。奥川君はやばいです。こんな球を18歳が投げるんだと。驚きました。あれは勝てますよ」とあらためて高い評価を口にした。

 古田氏に今季の目標を聞かれると「ヤクルトらしく、いい伝統を守りつつ、継承しつつ、野球をやっていけたらと思います。優勝を目指しますよ」とVを誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請