【ソフトバンク】バレンティン、シート打撃でいきなり特大弾…新パフォーマンス「ピーポー」も披露

シート打撃で本塁打を放ち、「ピーポー」ポーズを取るバレンティン(代表撮影)
シート打撃で本塁打を放ち、「ピーポー」ポーズを取るバレンティン(代表撮影)

 ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(35)が23日、いきなり特大弾を放った。ペイペイDの練習で、開幕延期後初のシート打撃に参加し快音。「甘いところに入ってきて、リラックスして打てた」と笑みを浮かべた。

 ブランクを感じさせなかった。石川との対戦で3ボールからの4球目。高め直球を捉えた打球が左翼席中段で弾んだ。「感覚がずれていた。変な感じだった」。投手との対戦は3月22日のロッテ戦(ペイペイD)以来約2か月ぶり。4打数1安打も健在ぶりを示した。

 アーチ後、松田宣に促され新パフォーマンス「ピーポー」ポーズを控えめに披露。サイレンに見立てた両手をクルクル回して練習ムードを盛り上げた。試合のなかった期間で、5キロの減量にも成功し111キロ。「開幕までの時間を使って、リズムを戻したい」。新天地1年目での開幕は最短6月19日。バレ砲がギアを上げていく。(戸田 和彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請