山中慎介氏がオンライン講師…五輪代表選手らに「プレッシャーに打ち勝つ」テーマに伝授

山中慎介氏(中段左から2人目)が講師となり、ボクシング五輪代表および候補選手らにオンライン講座を行った(日本ボクシング連盟提供)
山中慎介氏(中段左から2人目)が講師となり、ボクシング五輪代表および候補選手らにオンライン講座を行った(日本ボクシング連盟提供)

 日本ボクシング連盟は23日、東京五輪代表選手らを対象にしたオンライン講座を開き、プロボクシング元WBC世界バンタム級王者・山中慎介氏(37)が講師を務めた。

 「神の左」と呼ばれた強打で日本歴代2位の12連続防衛を成し遂げた山中氏は「プレッシャーに打ち勝つ」をテーマに、試合への心構えからパンチの打ち方、足を意識した上半身への力の伝え方などを伝授。選手は熱心に耳を傾けた。

 新型コロナウイルス感染拡大の中、選手のモチベーション維持とスポーツ理論を身につけることを目的とした講座で、4月には2012年ロンドン五輪男子ミドル級金メダリストで、WBA世界同級王者・村田諒太(34)=帝拳=も講師を務めた。男子ウエルター級代表の岡沢セオン(鹿児島県体協)は「良いイメージだけでなく悪いイメージもしておくことが平常心につながるというお話を聞き、自分も取り入れようと思いました」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請