日大新監督に青葉昌幸氏が就任…箱根駅伝4度Vの77歳“大御所” 20年ぶり現場復帰 

青葉昌幸氏
青葉昌幸氏

 今年の箱根駅伝で18位だった日大の新監督として、大東大の元監督で関東学生陸上競技連盟(関東学連)の前会長の青葉昌幸氏(77)が就任することが23日、分かった。箱根駅伝を主催する関東学連の会長まで務めた“大御所”が現場の第一線に復帰することは極めて異例。武者由幸監督(36)は退任し、大学の一般職員となる。

 箱根駅伝優勝12回(歴代3位)、出場89回(歴代2位)を誇る名門、日大で驚きの監督人事が断行された。今年の大会で18位に終わり、6年連続でシード権を逃した結果を受け、若手の武者監督が退任し、77歳の大ベテランの青葉氏が新監督に就く。日大出身の青葉氏は卒業後、25歳の若さで大東大の監督に就任し、新興チームを強豪に育て上げた。箱根駅伝5区で4年連続区間賞の大久保初男、1996年アトランタ五輪マラソン代表の実井謙二郎ら多くの名選手を育成し、箱根駅伝で4度も優勝した。

 2000年に大東大監督を退いた後、関東学連の会長、名誉会長など要職を歴任。指導現場の復帰は実に20年ぶりとなる。埼玉・東松山市内の大東大選手寮の近隣に自宅がある青葉氏は、東京・稲城市の日大選手寮で60歳近く年下の学生と共に暮らすという。「あの年齢で、まだ、現場で戦おうという姿勢はすごい、というしかない」と青葉氏をよく知る関係者は感嘆の声を漏らす。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で他大学と同様に日大も活動自粛中。厳しい状況の中で“超大御所”の手腕が注目される。

 ◆青葉 昌幸(あおば・よしゆき)1942年6月16日、埼玉・大田村(現秩父市)生まれ。77歳。秩父農工高(現秩父農工科学高)入学と同時に陸上を始める。3年時に同校初の全国高校駅伝出場に貢献。61年に卒業後、秩父鉄道に就職。62年、日大に入学。箱根駅伝は4年時の66年大会で1区3位。卒業後は埼玉県庁に。68年~2000年まで大東大監督。箱根駅伝優勝4回(75、76、90、91年)。90年度は史上初の大学駅伝3冠を達成した。07~16年、関東学生陸上競技連盟会長を務めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請