【2009年5月24日】中日・河原純一が632日ぶり1軍マウンドでプロ初ホールド

2009年5月24日の日本ハム戦で8回の1イニングを無失点に抑える中日・河原純一投手
2009年5月24日の日本ハム戦で8回の1イニングを無失点に抑える中日・河原純一投手

◆セ・パ交流戦 中日1―0日本ハム(09年5月24日・ナゴヤドーム)

 観客席のどよめきを今も鮮明に覚えている。わずか1点リードの8回。落合監督が告げたのは、2年近くもプロのマウンドから遠ざかっていた河原純一だった。ファンの驚いた反応と同様に、記者自身も、この采配には首をかしげざるをえなかった。

 「緊張はあまりしませんでしたけど、最後までフワフワしている感じはありましたね。今後はもうちょっとしっかり投げられると思います」

 こちらの予想とは裏腹に、河原は田中賢、森本を簡単に外野フライに打ち取った。稲葉には左翼線二塁打を浴びたものの、最後は小谷野をフォークで空振り三振。実に632日ぶりの1軍マウンドでプロ初となるホールドを挙げた。

 02年には巨人の守護神として5勝3敗28セーブの成績を残し、日本一の胴上げ投手にも輝いた。だが、西武に移籍した05年からは持病の右膝痛に苦しめられ、07年オフに戦力外通告となった。

 「自分自身が納得していないし、もう一度、現役にこだわりたいんです」

 08年は母国・駒大で自主練習に励む浪人生活を強いられた。その年の10月31日、中日の入団テストにこぎつけたのだ。

 テストの場所は当時、投手陣がキャンプを張っていた知多半島にある阿久比町。片田舎の球場で見た河原は、失礼ながら見栄えはしなかった。当時のヘッド格だった森バッテリーチーフコーチの駒大の後輩だっただけに「また現場が勝手に補強してきただろう」と批判を口にするチーム関係者もいたほどだ。

 個人的にも有効な補強には思えなかったが、不屈の右腕は年俸600万円からはい上がった。09年には44試合に登板し、3勝0敗15ホールドで防御率は1・85。浅尾、岩瀬と勝利の方程式を担うまでになった。伸び上がるような速球は鳴りを潜めたものの、内外角への制球は芸術の域に達していた。

 結局、河原は11年まで中日でプレーし、その後は独立リーグの愛媛に所属。35歳でブランクを経験しながら、42歳まで現役を続けたのは極めて異例といえる。

 新型コロナウイルスの影響で、プロ野球選手たちはかつてない調整を強いられている。キャンプで一度仕上げたとはいえ、心身ともに万全に持っていく道のりは、険しく厳しいはずだ。ただ、河原は空白期間を経ても、技術がさび付かないことを証明してくれた。不死鳥のような復活劇に、難局を乗り切るヒントが隠されている気がする。(プロ野球遊軍・表 洋介)

 ◆河原 純一(かわはら・じゅんいち)1973年1月22日、神奈川・川崎市出身。47歳。川崎北高から駒大へ進み、東都大学リーグで通算23勝。最高殊勲選手3度、最優秀投手2度、ベストナイン2度。94年ドラフト1位(逆指名)で巨人入団。2002年に抑えで28セーブを挙げ、リーグ優勝、日本一に貢献。日本シリーズ第4戦では胴上げ投手に。05年にトレードで西武移籍も、07年、戦力外通告。1年の浪人生活を経て、09年に中日で現役復帰。12年から愛媛マンダリンパイレーツ。15年限りで引退。17年、愛媛監督就任。NPB通算275試合、31勝42敗40セーブ、防御率4・26。

 ◆スコア詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請