【阪神】今季はホームランボールをメッセージ付でファンにプレゼント構想 矢野監督「無観客でファンに何が伝えられるか」

練習前にナインに挨拶する矢野燿大監督(阪神タイガース提供)
練習前にナインに挨拶する矢野燿大監督(阪神タイガース提供)

 阪神・矢野燿大監督(51)が23日、カンテレのスポーツバラエティー番組「こやぶるSPORTS」(関西ローカル)のインタビューにリモートで応じ、今季はホームランボールをメッセージ付でファンにプレゼントする構想を明かした。

 「開幕させてもらえても、お客さんなしになると思う。普段はホームランボールを楽しみにして下さっているファンの方々がいる。ホームランボールをメッセージ付でプレゼントできないかとか。色んな事にチャレンジしていけたらと思っています」と口を開いた。

 矢野監督、首脳陣、選手らは自主練習の期間中にオンラインで会議を開き、ファンサービスについて意見を交換したという。複数の案が出た模様で、開幕後も様々なプランを検討していく模様だ。

 「今はコロナで苦しい状況ですが、だからこそ苦しい時に笑顔でやれたら、本当にすごいチームになる。優勝は決まっているんで、皆さんに喜んでもらえるシーズンにします」と改めてリーグ制覇、日本一を公約した。

 〇…阪神・矢野監督は新型コロナウイルスに感染した藤浪にも奮起を促した。すでに投球練習も再開し、開幕ローテ入りに再出発を切っている。「ご迷惑をかけた部分もありましたけど、どうやって返していくのか。新たな気持ちを持って取り組んでくれているし、晋太郎の中でもターニングポイントの年になる可能性がある」と期待を寄せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請