【湘南】鈴木冬一、好みの女性は「サバサバ系」 4選手がテラスハウスを熱く語る

湘南のオンライントーク企画に出演した(左上から時計回りに)クラブスタッフ、MF三幸、GK谷、DF大野、MF鈴木
湘南のオンライントーク企画に出演した(左上から時計回りに)クラブスタッフ、MF三幸、GK谷、DF大野、MF鈴木

 J1湘南は23日、週末企画「バラエティウィークエンド LIVE on Youtube」をクラブ公式YouTubeチャンネルで生配信した。

 第3回のこの日は「テラハ談議編」と題し、DF大野和成(30)、GK谷晃生(19)、MF鈴木冬一(19)、MF三幸秀稔(27)が登場。4人がハマっている人気恋愛リアリティー番組「テラスハウス」(Netflixなどで配信)について熱く語り合った。

 2012~14年頃の初期は湘南のシェアハウスが舞台だった。当時J3相模原に所属していた三幸は「テラスハウスの人としゃべりたくて、湘南にある家を探しに行った。近くの人に『どこにありますか?』って聞いて。全員出掛けてて、いなかったです」と振り返った。

 好きな女性出演者やタイプについてトーク。大野は「俺、優しくされたらすぐ好きになっちゃうタイプ」、独身の三幸は「あと5~6年結婚できなかったら、(歌手の)chayさんに頭下げる」と笑わせた。

 鈴木は、映画版に出演したデザイナー志望の和泉真弥さんをタイプに挙げ「サバサバ系がいい。でも、サバサバ系の人と付き合ったら、言い合ってすぐ別れるかな。ゴリゴリ(に来られるの)は嫌ですね」と恋愛観を語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2月末から公式戦は中断。だが、今月中旬から多くの地域で緊急事態宣言が解除され、神奈川県を含む首都圏も25日に解除される可能性がある。

 谷は「少しずつ(感染拡大が)収まってきた中、まだまだ体調管理や感染予防対策を徹底して幸せな日常を取り戻せるようにみんなで協力して、僕たちもサッカーでしっかり表現できるように頑張りたい」。鈴木は「もうすぐ当たり前の日常が帰ってきそうです。まだまだ油断せず、手洗い・うがい・アルコール消毒を徹底しましょう。(再開後は)馬入でテラスハウスの話ができたらいいなと思います」と呼びかけた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請