空手女子組手・植草歩、モヤモヤ解消「おうち時間」…リレーコラム

植草歩
植草歩

 東京五輪の延期決定から2か月近くたちました。この1年は、より自分が変われる時間だと前向きに受け止めています。心の整理はできていたので、一喜一憂はなかったです。今できることをやって、東京五輪で優勝する準備をしていけばいいと思っています。

 最近は体をつくり直すことと、技の反復練習に取り組んでいます。次の試合が見えない状況というのは、子供たちもそうだし、自分たちもそうだし、どの競技もそう。逆に、試合がない今だからこそ、見えてきたこともあります。

 これまでは時間に追われる生活でしたが、人が少ない時間を選んで、近所を散歩するようになりました。こういう時間の余裕を、シーズン中にも持てたらよかったのかなって。心に余裕が生まれます。ストレスが減ったのか、肌がきれいになって驚いています。時間の使い方や気持ちの面で、学ぶことは多いです。

 「おうち時間」は、ネットフリックスで「犬夜叉」を見ることが気分転換になっています。アニメが好きなんです。子供のときに近所の友達と「犬夜叉ごっこ」をやっていたくらい好きです。小学生の頃、空手の練習と放送時間がかぶって見られなくなっちゃって。ずっと結末が気になっていたんです。完結編まで来ました。長年抱えてきたモヤモヤが、もうすぐ晴れそうです。

 5年前から母校の日体大柏高でコーチを務めているのですが、今年のインターハイの中止が決まりました。高校で空手を始めた選手も一緒に、みんなで頑張ってきました。私の高校時代はそこに青春をかけていたので、選手の気持ちを思うとつらいです。でも、頑張ってきたことっていうのは変わりません。ここまで頑張ってきた過程を、次に生かしてほしい。今日という日は今しかない。今を大切に生きてほしいです。

 ◆植草 歩(うえくさ・あゆみ)1992年7月25日、千葉・八街市生まれ。27歳。JAL所属。実住小3年から競技を始め、柏日体(現日体大柏)高を経て帝京大へ。世界選手権は2012、14年銅、16年金、18年銀。アジア大会は14年銅、18年金。17、18年のプレミアリーグ年間女王。全日本選手権は15年から女子組手最多の4連覇。身長168センチ。家族は両親と姉。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請