【ソフトバンク】バレンティン開幕OK シート打撃で120メートル弾「リラックスして打つことができた」

バレンティン
バレンティン

 ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(35)が順調な調整ぶりをアピールした。23日、ペイペイDで行われたシート打撃で、石川から左翼越えの120メートル弾。「甘いところに入ってきて、リラックスして打つことができた」と手応えをにじませた。

 3月22日のロッテ戦(ペイペイD)以来、約2か月ぶりの投手との対戦。「感覚がズレていた。変な感じだった」と打席内で戸惑ったというが、ブランクは感じさせなかった。カウント3ボールからの石川の高め直球を見逃さず左翼席中段にたたき込んだ。「マッチ(松田宣)にやろうと言われていた」と両手をサイレンに見立てクルクル回す、「ピーポー」ポーズも控えめに披露した。

 試合が行われない期間も「体重が増えると心配。維持か減らそうと思っていた」と管理を徹底。体重は5キロ減の111キロまで減らした。最短6月19日の開幕を想定すると、準備期間は1か月を切っている。「開幕までの時間を使って、リズムを戻したい。(感覚のズレも)打席を重ねれば大丈夫」と胸をたたいたバレ砲。新天地1年目の開幕を心待ちにしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請