中江有里、「賭けマージャン」辞職の黒川弘務検事長が訓告処分に「甘すぎる。何を信じて良いのかわからない」

中江有里
中江有里

 23日放送の日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言中に東京高検の黒川弘務・検事長(63)が新聞記者と賭けマージャンをした問題で、政府が黒川氏の辞職を承認したことを報じた。

 安倍晋三首相は22日の衆院厚生労働委員会で「人事案を最終的に認めた責任は私にある。批判は真摯に受け止めたい」と陳謝した。野党は、黒川氏への訓告処分を見直し、懲戒処分とするよう求めた。首相は「検事総長が事案の内容、諸般の事情を考慮し、処分を行った」と説明するにとどめた。

 リモート出演したコメンテーターで女優の中江有里は今回の問題に「いろいろ突っ込みどころ多いなと思うんですけど」とした上で「取材対象と取材する側がこうした関係性があることに驚かされましたし、やはり、ゴールデンウイークのさなかに賭けマージャンをするなんていうあまりにも緊張感もなく立場も忘れているというか」と指摘した。

 さらに「検察側の中での対処が訓告処分というのは甘すぎるんじゃないか。それを承認するというのは何を信じて良いのかわからないですね」とコメントしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請