GLAY、北海道庁へ1000万円寄付「エールを北の医療へ!」メンバー全員が北海道出身

GLAY
GLAY

 4人組バンド「GLAY」が北海道庁に1000万円寄付したことを22日、公式サイトで発表した。

 公式サイトでは「この度、新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々及びご遺族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、闘病されている皆様には心よりお見舞い申し上げます。また、医療従事者をはじめ、感染拡大防止にご尽力されている多くの皆様には深く感謝申し上げます」と、冒頭に記した上で、北海道の地域医療を守るために寄付したことを報告した。

 メンバー全員が北海道出身のGLAY。2007年の夕張市の財政破綻では、「何か力になれることはないか」と毎年夕張市を訪問。昨年には、北海道胆振東部地震後の道内観光需要喚起を目的とした「元気です北海道」応援プロジェクトのアンバサダーに就任するなど、地元・北海道の支援に尽くしている。今回のコロナ禍の影響を受けて「夕張支援におきまして鈴木元夕張市長(現北海道知事)と深い関係を築いてきた中で、今年は新型コロナウイルス感染拡大を受け、『エールを北の医療へ!』を掲げ支援することを決定致しました」と決意をつづった。

 GLAYは、予定していたツアーが軒並み中止に。4月にはツアー実施時にアーティスト、スタッフなどの健康管理のため準備していたマスク5000枚を医療機関へ寄付している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請