神戸製鋼、カーターらの退部発表「優勝で新しいチームカルチャーをつくれてうれしい」

ダン・カーター
ダン・カーター

 トップリーグの神戸製鋼は22日、元ニュージーランド(NZ)代表SOダン・カーター(38)ら2019年度の退部選手を発表した。カーターは同代表キャップ112を誇り、15年W杯優勝に導くなどワールドラグビーの年間最優秀選手に3度選出。18年に神鋼入りすると、世界最高峰のパス、ラン、キックを駆使し、同年トップリーグと日本選手権優勝の立役者となった。昨季も開幕6連勝と好調な神鋼をけん引したが、新型コロナウイルスの影響でリーグ自体が打ち切られた。

 カーターは「リーグ優勝を果たし、新しいチームカルチャーをつくることができてうれしく思っています。感謝の気持ちでいっぱいです」とのコメントを発表。神鋼退団後の去就は未定。

 このほか、元NZ代表SHエリス、プロップ勝木来幸、塚原巧巳、カウタイ、フッカー西林宏祐、フランカー安井龍太、佐野瑛亮、NO8バンリーベン、SOニコラス、センターのバイフ、ウィング森田慎也が退団。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請