大野均「やり残したことはない」完全燃焼の引退会見…東芝若手台頭に「これ以上選手として…」

オンラインで現役引退の記者会見をするラグビー元日本代表の大野均(東芝提供)
オンラインで現役引退の記者会見をするラグビー元日本代表の大野均(東芝提供)

 ラグビー元日本代表ロック大野均(42)=東芝=が22日、オンラインで引退会見を行った。W杯3大会出場、歴代最多98キャップの鉄人は「やり残したことはない」と完全燃焼を口にした。1年ほど前から両膝の痛みに悩まされ、若手の台頭も実感し決断。今後は「キンちゃん」らしく19年プレーした東芝、日本ラグビー界に貢献する。

 多くのファン、仲間に愛された大野らしく、画面越しでも誠実に19年の現役生活を振り返った。「昨年W杯で日本代表の躍進、東芝の若い選手の台頭を頼もしく感じ、これ以上選手としてやり残したことはないと思った」。信条の「灰になってもまだ燃える」通りの完全燃焼。長年走り続けた影響で1年前から両膝が痛み、回復がみられなかったのも決断の要因になった。

 13年にわたり、かかわった日本代表への思いは尽きない。出場98試合で最も印象深い一戦に2013年6月のウェールズ戦(23〇8)を挙げた。04年に敵地で0―98で敗れた相手へのリベンジとなり「9年後、秩父宮で勝てるとは当時の自分は思わなかった。(勝利を確信した瞬間)涙でグラウンドが見えなかった」ほどだった。

 W杯は「選ばれた責任」を全うしようと走り続けた結果、15年の南アフリカ撃破につながった。23年フランス大会に向けては「日本は強いという自信を積み重ねれば、次のW杯も8強以上の成績を残せると思う。ギアを落とすことなく突き進んでいってほしい」とエール。選手層の薄い日本出身ロックの活躍も期待した。

  • 15年、ラグビーW杯1次リーグの南アフリカ戦でタックルする大野(中央=共同)

    15年、ラグビーW杯1次リーグの南アフリカ戦でタックルする大野(中央=共同)

 高校までは野球に打ち込み、大学からラグビーを始めたからこそ伝えたいことがある。

 「パスもキックも下手くそで、貢献できるのは走ることと激しさだった。ラグビーには自分の得意なもので勝負できるポジションが必ずある」

 今後は東芝をサポートし、地元・福島など地方にも足を運ぶ普及活動にも意欲をみせた。走り続けた日々からはひと休み。まずは「娘が韓流ファンなので新大久保を一緒にデートしたい」と笑った。(大和田 佳世)

  • 大野均

    大野均

 ◆大野 均(おおの・ひとし)1978年5月6日、福島・郡山市生まれ。42歳。日大工学部でラグビーを始め、2001年に東芝入りしTL通算170試合出場。日本代表は04年5月の韓国戦で初キャップを獲得し歴代最多の通算98キャップ。07、11、15年W杯出場。趣味は「やっぱりお酒」。192センチ、105キロ。

 ◆大野に聞く

 ―感謝を伝えたい人。

 「両親、地元後援会。大型バスをチャーターし何度も郡山からきてもらい、声援に勇気づけられた」

 ―W杯での一番の思い出。

 「11年ニュージーランド戦後、ブラッドソーン選手にジャージーを交換してくれと言われた。大差で負けたがリスペクトしてくれてうれしかった」

 ―コロナ禍で練習できない高校生へ。

 「悔しい、つらい高校生がたくさんいると思うが、自分だけじゃない、というのを胸に刻んで過ごしてほしい」

 ―期待する後輩は。

 「(東芝の)梶川喬介、小瀧尚弘。彼らが頼もしく踏ん切りがついた」

オンラインで現役引退の記者会見をするラグビー元日本代表の大野均(東芝提供)
15年、ラグビーW杯1次リーグの南アフリカ戦でタックルする大野(中央=共同)
大野均
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請