【楽天】弓削隼人がブルペンで熱投112球「感触としてはすごくよかったと思う」

キャッチボールを行う楽天の弓削(球団提供)
キャッチボールを行う楽天の弓削(球団提供)

 楽天の弓削隼人投手(26)が22日、仙台市内の楽天生命パークで行われた練習後、オンラインで報道陣の取材に応じた。ブルペン入りし、変化球を交えて112球を投げ込んだ左腕は「久々に100球を投げて後半はバテ気味だったんですけど、出力もだいぶ出てきて、あと何回か投げたら回復してくるかなという感じだった。感触としてはすごく良かったと思います」と充実感をにじませた。

 ブルペンでの投球練習を見守った伊藤智仁1軍投手チーフコーチ(49)は「基本的にはローテーションの有力な1人には入ってくると思います。ある程度計算できる投手じゃないかな」。昨年は新人ながら8試合に登板(先発は7試合)し、3勝3敗だった弓削の活躍に期待を込めた。

 現時点でプロ野球は最短で6月19日の開幕を目指している。開幕ローテ入りを狙う193センチの左腕は「行け、と言われたらいつでも行けるように準備していきたいと思います」と言葉に力を込めた。たとえ準備期間が短くなったとしても、言い訳をするつもりはない。今できることを、全力でやり続けていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請