村上春樹さん、20年ぶりに万年筆とインクで執筆 「雨にぬれても」の歌詞にはコロナ禍への想い重ねる

村上春樹さん
村上春樹さん

 作家の村上春樹さん(71)がディスクジョッキーを務めるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO ステイホームスペシャル~明るいあしたを迎えるための音楽」が22日夜に放送された。

 今回初めて村上さんの自宅でのリモート収録で、愛聴盤を愛用のオーディオでプレイするスタイルが取られた同番組。冒頭で村上さんは「もやもやと溜まっているコロナの憂鬱を音楽の力で少しでも吹き飛ばしたいですね。本当に元気が出るか自信はないですけど、頑張ってみます」とリスナーに語り掛けた。バート・バカラックの名曲「雨にぬれても」のレコードに針を落とすと「歌詞が好きなんですよ。『いくら苦情を並べたところで雨がやむわけじゃない』。本当にそうですよね。しっかり上を向いて歩いて行きましょう」とコロナ禍への想いを重ねた。

 コロナ禍の影響で「大きな変化と小さな変化」があったとし、小さな変化として、約20年ぶりに万年筆とインクで文章を書いていると明かした。さらにドーナツショップの主人からのメールを紹介すると「ドーナツはどんなことがあっても必要なもの。僕は常にドーナツショップの味方です」と、村上さんらしい激励の言葉を贈っていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請
×