【日本ハム】玉井大翔が球児へエール「将来糧になると信じて」甲子園中止を受けて

キャッチボールをする玉井
キャッチボールをする玉井

 佐呂間町出身の日本ハム・玉井大翔投手(27)が22日、道内の高校、大学球児にエールを贈った。鎌ケ谷の2軍施設でグループ練習後、オンラインで取材対応。夏の甲子園だけでなくこの日、東農大北海道で戦った北海道6大学野球の春季リーグ戦も中止が決定。「答えが見つからない部分もある。次の進路につなげるにも難しいと思う」と思いを推し量った。

 大学生は春のリーグ戦が終わると、就職活動のため引退する選手も多い。玉井の同期も約7割の選手がユニホームを脱いだという。「できれば違う形で試合がやれたり、けじめを付けられる形があれば。(個人で)目標があるのであれば、なんとか目標を定めてできることをやってほしい」。野球人生の区切りを付けられないままでは、つらい。

 自身は逆境をバネに戦ってきた。旭川実では3年夏に甲子園出場も登板機会はなし。「悔しさがあって、大学で野球をやろうと思いましたし、それが原動力になった」。東農大北海道では1年から頭角を現し、新日鉄住金かずさマジックを経てドラフト8位でプロ入り。「将来糧になると信じて、やりたいことに向かって何とか切り替えていくしかないのかな…」と後輩たちに思いを寄せた。

(秦 雄太郎)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請