【楽天】弓削隼人、実戦意識しブルペンで112球「感触としてはすごく良かった」

グループ練習に参加した弓削(球団提供)
グループ練習に参加した弓削(球団提供)

 楽天・弓削隼人投手(26)が22日、楽天生命パークで行われたグループ練習でブルペンに入り、8日からの自主練習再開後最多となる112球を投げ込んだ。

 直球を中心にスライダーやカーブなど全球種を投じたという2年目左腕。「多めの数で実戦を意識して投げた結果、100球を超える形になりました」と説明し「久々に100球投げて後半はバテ気味でしたが、出力もだいぶ出てきて、あと何回か投げたら回復してくるかなという感じだった。感触としてはすごく良かったと思います」と納得の表情を浮かべた。

 ルーキーイヤーの昨季は主に先発として8試合に登板し3勝3敗、防御率3・74。今年のオープン戦でも3試合に登板し、防御率2・25と安定感を示した。開幕ローテ候補として「先発で投げたいこだわりはありますし、そこでしっかり活躍したい気持ちも強い」と言葉に力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請