桂ざこば席亭の「動楽亭」昼席が6月1日に再開決定

桂ざこば
桂ざこば

 上方落語の米朝事務所(大阪市)は22日、大阪・動物園前で桂ざこば(72)が席亭を務める寄席小屋「動楽亭」で昼席を6月1日に再開すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月11日から休業していた。

 観客は30人に限定し、入館の際には検温を実施。最前列を従来より後ろにし、演者との距離を開け、中入りでは10分間の換気を施すなど感染防止の対応に努める。また、府が導入を進めている「コロナ追跡システム」のQRコードを受付に貼り付け、来場者から感染者が出た場合は連絡が入る仕組みに協力する。

 ざこばは3月19日の師匠・桂米朝さんの命日で「これだけ落語をやらなかったら、自分までおかしくなってくる。4月1日からやろうかな。師匠も『やったらええがな』と言ってくれるはず」と意気込んでいたが、希望と2か月遅れでようやくの再開となった。

 また、6月24~28日には初の「インターネット有料生配信」を実施する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請