八代英輝弁護士、黒川検事長の行動に疑問「24時間、行動が全部監視されてるぐらい普通は考える」

八代英輝弁護士
八代英輝弁護士

 22日放送のTBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)では、新聞記者と賭けマージャンをしていた東京高検の黒川弘務検事長(63)が辞職することを報じた。

 黒川検事長の行動について、コメンテーターの八代英輝弁護士(55)は「自分が黒川さんの立場だったら24時間、文春かフライデーなど(週刊誌)に尾行されてるぐらいは思いますよ。尾行チームが何チームもついて、行動が全部監視されてんじゃないかぐらい、普通は考えると思うんです」と疑問を呈した。

 さらに「もう一つ理解出来ないのは、黒川さんは記者の方から見れば、取材対象ですよね。取材対象にここまで気を許しますかね、普通。ある意味記者と昵懇(じっこん)、言葉を変えればズブズブじゃないですか。タチが悪いのは、検察というのは時の政権も倒せる力を持ってるわけです。時の政権も倒せるし、起訴・不起訴も全部自分たちで決められるわけです」と続けた。

 その一方で「この人たちは選挙も何も通ってない、司法官僚なわけですよね。この大手マスコミの人たちも、誰も民主的コントロールが及ばない人たちがこうやって結託して、国の政治や司法、人の有罪・無罪も世論で動かせる事が出来てしまうと思う。そこが一番、問題であって」と問題点を指摘していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請
×