橋本聖子五輪相、IOCバッハ会長の五輪来年開催不可なら中止見解に「成功への強い決意が示された」

閣議後の会見に応じる橋本聖子五輪相
閣議後の会見に応じる橋本聖子五輪相

 橋本聖子五輪相(55)は22日、閣議後の記者会見で、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長(66)が英BBCのインタビューで東京五輪が2021年に開催できない場合は中止となるとの見解を示したことに対し「東京大会の成功に向けた強い決意が示されていると理解している」と語った。

 橋本五輪相は3月に延期が決定した安倍晋三首相とバッハ会長の電話会談にも同席しているが、バッハ会長がインタビューで安倍首相が語ったと話した「ラストオプション」という発言に関しては「ワードはなかった」と否定。「私たちもこれから安心、安全な大会にできるようIOCや組織委と一緒に準備していきたい」と強調した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請