プロ野球1軍と2軍が同時に6・19開幕プラン…選手の入れ替えを考慮

ジャイアンツ球場全景
ジャイアンツ球場全景

 新型コロナウイルスの影響で開幕を延期しているプロ野球が、1、2軍同日開幕となる可能性があることが21日、分かった。緊急事態宣言の解除を前提に、1軍は6月2日から事実上のオープン戦となる対外試合を実施し、最短6月19日の開幕を目指しているが、2軍戦も同時期の実戦再開と公式戦開幕を模索している。

 感染状況が緩和傾向となり、ファームも来るべき時に備える。当初は3月20日の1軍開幕に先駆け、ウエスタン・リーグが同13日に、イースタン・リーグは同14日に開幕予定だった。3月下旬までは公式戦日程をベースに練習試合を行っていたが、感染状況の悪化で試合再開や開幕の時期は白紙となっていた。

 1軍は6月2日から対外試合を予定しているが、主力の調整が優先されると予想される。開幕1軍争いだけでなく、開幕後に不可欠な選手の入れ替えを考慮すれば、2軍も同じタイミングで実戦感覚を養う必要がある。また、1軍が11月まで公式戦を行う見通しのため、当初の日程では9月下旬に公式戦が終了する2軍戦を、10月以降も実施する可能性もありそうだ。

 2軍には巨人・阿部監督、DeNA・三浦監督、西武・松井監督、ヤクルト・池山監督ら豪華なOBが顔をそろえ、例年以上に注目を集めている。セ・パ両リーグに加え、イースタン、ウエスタンも同日開幕となれば02年以来。若手がしのぎを削るファームにも、球音が徐々に近づいている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請